◆環境マーケティングレポート 2015年4月号

固定価格買取制度で注目される小形風力発電市場の課題と展望

−はじめに−
  • 2012年7月、再生可能エネルギーの導入促進を目的に「再生エネルギーの固定価格買取制度」が開始された。
  • 出力20kW未満の小形風力発電は、買取価格55円/kWhと優遇されているにも関わらず、制度面の整備が不十分であることが大きな要因となり、固定価格買取制度の設備認定および売電は思うように進まず、その他の再生可能エネルギーに遅れを取っている状況にある。
  • しかし、普及の障壁は残るものの、2014年にようやく固定価格買取制度下における小形風力発電の需要が高まり始めたといえる。
  • 本レポートでは、国内の小形風力発電を取り巻く市場環境と現状の課題を明らかにするとともに、今後の方向性についてまとめた。
−調査目的−
  • 本レポートでは、国内の小形風力発電を取り巻く市場環境および課題を把握することで、今後の方向性を明確化することを目的とした。
−調査項目−
1. 小形風力発電の概要、分類
2. 小形風力発電を取り巻く市場環境
3. 小形風力発電市場の動向および今後の方向性
−目次−
1. 小形風力発電の概要(1)
1) 調査対象市場の定義(1)
2) 小形風力発電の概要(1)
2. 小形風力発電の分類(3)
1) 風車形式による分類(3)
2) システム導入形態による分類(4)
3. 小形風力発電を取り巻く市場環境(5)
1) 再生可能エネルギーの固定価格買取制度(5)
2) 支援制度(10)
3) 関連事業(11)
4. 主要参入企業一覧(12)
5. 小形風力発電市場動向(14)
1) 市場規模推移および予測(2013年〜2020年予測)(14)
2) タイプ別需要ウェイト(2014年)(15)
3) 設置場所別需要ウェイト(2014年)(15)
4) 価格動向(16)
5) メーカー動向(16)
6) 研究開発動向(18)
7) 市場における課題(19)
8) 今後の方向性(20)

ページトップ