◆環境マーケティングレポート 2014年10月号

定置式燃料電池市場の現状と将来展望

−はじめに−
  • 2014年10月号では定置式燃料電池市場を捉えた。
  • 2009年に立ち上がった定置式燃料電池市場であるが、当初は高価格や認知度の低さなどから思うような普及をみせていなかった。
  • しかしその後「エネファーム」の名称でメーカーおよび大手都市ガス会社を中心とした積極的なプロモーションにより認知度が向上し、さらに製品も低価格化が進んだことで、近年は大きく市場が拡大している。
  • 現在は補助金による需要喚起を行っているが、順調に市場が拡大すれば量産化によるさらなる低価格化が見込め、将来的には補助金なしで自立した市場として確立されることが期待されている。
  • 本レポートは、定置式燃料電池の最新市場動向および大手都市ガス会社の事業展開を調査することで、今後の展望についてまとめた。
−調査目的−
  • 本レポート(「環境マーケティングレポート」10月15日号)では、定置式燃料電池市場を捉えることを目的とし、国内市場動向、累積販売台数、大手都市ガス会社の事業動向、今後の市場予測等を明らかにした。
−調査ポイント−
1. 定置式燃料電池の市場予測
2. 定置式燃料電池メーカーの販売動向
3. 大手都市ガス会社における定置式燃料電池事業の動向
−目次−
1. 定置式燃料電池の概要(1)
1) 定置式燃料電池について(1)
2) 用途・定義(2)
3) 定置式燃料電池の種類(2)
4) サプライチェーン(3)
5) 国/関連団体の取り組み(4)
2. 定置式燃料電池市場動向(5)
1) 国内市場規模推移・予測(2011年度〜2016年度予測)(5)
2) メーカーシェア(2013年度実績)(7)
3) 大手都市ガス4社の累積販売台数推移(2009年度〜2014年度見込)(9)
4) 大手都市ガス4社の販売実績シェア(2013年度実績)(11)
3. 大手都市ガス4社における定置式燃料電池事業の動向(12)
1) 東京ガス(株)(12)
2) 大阪ガス(株)(14)
3) 東邦ガス(株)(16)
4) 西部ガス(株)(18)
4. 今後の方向性(20)

ページトップ