◆環境マーケティングレポート 2014年7月号

リン回収システムの現状と将来展望

−はじめに−
  • リン鉱石の輸入価格高騰や世界的なリン需要の高まりによるリンの国内流通量減少を受け、従来環境中へ廃棄していたリンを回収し再利活用するシステムへの期待が近年高まっている。
  • 現在、環境中へ廃棄されていたリンを回収する技術は高度で費用コストもかかるものの、中央官庁による補助施策の拡充も相まって、下水処理施設や汚泥焼却施設においてリン回収システムを導入した自治体も依然少数ながらも増加している。また、回収されたリンはリン酸系肥料として地産地消されるケースが多い。
  • こうした自治体を中心とするリン回収システムへの需要の増加と、業界における諸制度の整備によって、今後のリン回収システム市場の成長が見込まれる。
  • 本レポートは、リン回収システムの特徴と最新動向を調査し、今後の展望についてまとめたものである。
−調査目的−
  • 当該レポート(定刊誌「環境マーケティングレポート」7月15日号)では、リン回収システムを対象とする。リン回収システムの将来性を明確化することを目的とし、現状の開発動向などを踏まえ、今後の見通しを明らかにする。
−調査ポイント−
1. リン資源の状況
2. 国・行政の施策
3. 参入企業動向
4. 研究開発動向
5. 市場規模・予測(2013年実績〜2020年予測)
6. 今後の方向性
−目次−
1. リン資源の状況・リンの用途(1)
1) 本レポートの調査対象システム・用語の定義(1)
2) リンの概要(1)
3) リン資源の状況(2)
2. リン資源リサイクル対策の概要(6)
1) 日本におけるリンの利用状況(6)
2) 日本におけるリン資源のリサイクル状況(7)
3. 国・行政の施策(10)
4. リン回収技術の分類(14)
5. リン回収システム参入企業(16)
6. 研究開発動向(18)
1) 下水関係物質からのリン回収システム(18)
2) 工業廃水からのリン回収システム(18)
3) 畜産系廃棄物からのリン回収システム(18)
4) 製鋼スラグからのリン回収システム(20)
7. 市場規模・予測(2013年実績〜2020年予測)(21)
8. システム価格(23)
9. 今後の方向性(24)
1) 成長要因/成長阻害要因(24)
2) 今後の方向性(24)
10. 主要企業の取り組み(ケーススタディ)(26)
1) 旭化成ケミカルズ株式会社(26)
2) 日立造船株式会社(29)
3) 前澤工業株式会社(32)

ページトップ