◆環境マーケティングレポート 2014年5月号

再生可能エネルギー買い取り制度の下での太陽光発電システム市場の現状と今後

−はじめに−
  • 2014年5月号では、再生可能エネルギー買い取り制度(FIT制度)の導入以後、急速に拡大した国内太陽光発電システム市場の動向について調査した。
  • 産業用市場についてはFIT制度の期限が2015年3月31日で切れるため、2014年をピークとして市場縮小が見込まれる。
  • 太陽電池の種類は依然として結晶シリコン太陽電池が主流だが、近年コストパフォーマンスに優れるCIS太陽電池が生産量を増やしている。
  • 太陽電池の技術動向、価格動向にもとづき、今後の市場展望をまとめた。
−調査目的−
  • 本レポート(「環境マーケティングレポート」5月15日号)では、太陽光発電システムの動向を捉えることを目的とし、システム概要、業界構造、国内市場予測、研究開発動向、価格動向、今後の方向性等を明らかにした。
−調査ポイント−
1. 太陽光発電システムの概要
2. 太陽光発電システムの業界構造
3. 再生可能エネルギー買い取り制度の概要
4. 国内市場予測
5. 研究開発動向
6. 価格動向
7. 今後の方向性
−目次−
I. 全体市場編(1)
1. 太陽光発電システム概要(1)
2. 国内太陽光発電システムの業界構造(2)
3. 国内政策動向(4)
4. 太陽光発電システム国内市場動向(7)
5. 太陽電池種類別市場動向(10)
6. 太陽光発電システム市場の今後の見通し(14)
II. 企業事例編(15)
1. エクソル(15)
2. オリックス(17)
3. ネクストエナジー・アンド・リソース(19)
4. 日立産機システム(21)
5. GSユアサ(23)

ページトップ