◆環境マーケティングレポート 2014年3月号

燃料電池自動車の開発および水素ステーション整備の動向

−はじめに−
  • 2014年3月号では燃料電池自動車および水素ステーションの動向を捉えた。
  • 2015年は燃料電池自動車の一般販売が予定され、「燃料電池自動車元年」とも呼ばれている。2014年に入り、一部自動車メーカーでは燃料電池自動車の生産ラインが動き出し、インフラとして必要不可欠な水素ステーションの整備についても取り組みが活発化している。
  • 現在、国/関連団体や自動車メーカー、都市ガス/産業ガス事業者、石油元売、関連機器メーカーなどにより、実証実験や製品開発が行われている。将来的なガソリン車からシフトを考えれば、関連インフラを含めて大きなポテンシャルを秘めた市場であり、2020年/2025年を見据えた積極的な投資も行われている。
  • 本レポートは、燃料電池自動車および水素ステーションの最新動向を調査することで、今後の展望についてまとめた。
−調査目的−
  • 本レポート(「環境マーケティングレポート」3月15日号)では、燃料電池自動車および水素ステーションの最新動向を捉えることを目的とし、製品開発動向、インフラ整備状況、関連企業/団体/国の取り組み状況、市場予測等を明らかにした。
−調査ポイント−
1. 燃料電池自動車の市場予測
2. 水素ステーションの整備/稼働状況
3. 水素ステーションの普及シナリオ
4. 関連企業/団体/国の取り組み 
−目次−
1. 燃料電池自動車の動向(1)
1) 燃料電池自動車について(1)
2) 市場規模推移(2)
3) 企業動向(4)
2. 水素ステーションの動向(7)
1) 水素ステーションについて(7)
2) 国内水素ステーションの稼働状況(10)
3) 国内の普及シナリオ(11)
4) 関連企業動向(12)
3. 国/関連団体の取り組み(17)
1) 過去1年の主な政策動向(17)
2) 規制緩和に向けた検討動向(17)
3) 関連団体の活動状況(18)

ページトップ