◆環境マーケティングレポート 2013年12月号

省エネ対策用センシング技術の現状と将来展望

−はじめに−
  • 東日本大震災による原子力発電所停止の影響から、省エネ対策は国家的課題として注目を集めた。行政による省エネ対策事業への助成が活発化し、その適用範囲は産業分野・事業分野のみならず、中小ビルや一般住宅、マンションにまで及び、先進の省エネ対策システムの普及を促している。
  • しかしながら、同システムの現状の需要の中心は新規建築案件やリプレース需要であり、既築物件や小規模物件への広がりは限定的である。さらなる普及拡大には全体的な費用対効果の向上が課題となっている。
  • このような状況の中、本レポートでは、省エネ対策システムがどのように普及していくのか、省エネ対策システムに必須のセンシング技術に注目し、省エネ対策用センサー市場の動向を中心にまとめた。
−調査目的−
  • 本レポート(「環境マーケティングレポート」12月15日号)では、省エネ対策用センシング技術の市場動向および方向性を捉えることを目的とする。
−調査ポイント−
1. 省エネ対策用センシング技術の動向
2. 省エネ対策用システム市場動向
3. 省エネ対策用センサー市場動向
−目次−
1. 省エネセンシング技術の全体像(1)
1) 省エネ対策用センシング技術の概要(1)
2) 主要センサーの機能と用途(2)
3) 分野別主要センシング技術の適用動向(3)
2. システム技術動向(4)
3. センシング技術動向(5)
1) センサーの高機能化(5)
2) センサー別製品開発・技術動向(6)
4. 用途別動向(7)
1) システム(EMS)(7)
2) センサー(7)
5. 普及措置・助成制度(8)
1) 国による助成制度(8)
2) 地方自治体による助成制度(9)
6. システムメーカーケーススタディ(11)
1) アズビル(11)
2) オムロン(14)
7. センサー市場動向(16)
1) 流量センサー(16)
2) 圧力センサー(19)
3) 電流センサー(22)
8.今後の方向性(25)
1) 省エネ対策システム市場の将来展望(25)
2) 省エネ対策用センシング技術の将来展望(26)

ページトップ