◆環境マーケティングレポート 2013年6月号

再生可能エネルギー買取制度導入で設置件数が急増しているメガソーラー市場の現状と今後

−はじめに−
  • 東日本大震災後に発生した原子力発電所や電力不足の問題を受けて、メガソーラーは注目を浴びた。加えて、2012年に固定価格買取制度が導入されたことで、メガソーラーの建設計画は急激に増加した。
  • しかし、現在メガソーラー施設建設が急増している背景として政策による下支えがあることは見逃せない。
  • 本レポートは、このような状況においてメガソーラー市場が今後どのように推移していくのかということについてまとめた。
−調査目的−
  • 本レポート(「環境マーケティングレポート」6月15日号)では、国内で設置数が急増しているメガソーラー市場の動向及び方向性を捉えることを目的とする。
−調査項目−
1. メガソーラーの主要設備概要
2. 業界構造
3. 政策動向
4. 市場動向
5. 今後の方向性
6. インテグレーター各社の動向
−目次−
1. メガソーラーの主要設備概要(1)
2. 国内の業界構造(3)
3. 国内のメガソーラー施設一覧(4)
1) 稼働中の主要メガソーラー一覧(4)
2) 今後の稼働予定の主なメガソーラー施設一覧(5)
4. 国内の政策動向(9)
1) 再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT制度)(9)
2) FIT以外の重要法制(11)
5. 国内の市場動向 (13)
1) 市場規模推移・予測(2010年〜2016年)(13)
2) シェア(2013年度見込)(15)
3) 主な設置先(16)
4) コスト動向(17)
6. 国内における現状の問題点・課題点(18)
7. 今後の方向性(20)
8. インテグレーター・ケーススタディー(21)
1) 株式会社NTTファシリティーズ(21)
2) 株式会社東芝(24)
3) 株式会社日立製作所(26)
4) 富士電機株式会社(28)
5) 大和ハウス工業株式会社(31)
6) ネクストエナジー・アンド・リソース株式会社(34)

ページトップ