◆環境マーケティングレポート 2011年12月号

風力発電市場の現状と今後の動向

−はじめに−
  • 2011年3月の東日本大震災と福島第一原子力発電所の事故以降、再生可能エネルギーへの期待が急速に高まりつつある。
  • 風力発電は再生可能エネルギーの中でも、最も経済性や効率に優れたエネルギーであるために、世界レベルで導入が推進されている。
  • 世界の風力発電の導入量は2010年末現在、約19万4,000MW(GWEC資料)と、年率20%超の勢いで導入が進められている。
  • 国内においても、2012年7月から再生可能エネルギーの固定価格買取制度の施行が予定され、また、洋上風力発電を主体に、実用化、普及に向けた国家プロジェクトが開始されている。
  • 風力産業は、自動車産業に似て、裾野の広い産業であり、経済性の他に、雇用の創出、拡大が期待されている。
−目次−
1. 風力発電の概要(1)
1) 風力発電とは(1)
2) 主要システムの構成と名称(2)
2. 風力発電市場の概況
1) 風力発電世界市場規模推移(2001年〜2010年)(3)
2) 世界主要エリア別累積導入割合(2010年)(3)
3) 主要国別累積導入割合(2010年)(4)
4) 主要国別新設導入割合(2010年)(6)
5) 風力発電の導入目標例(7)
3. 日本における風力発電概況(8)
1) 日本における風力発電導入量の推移(1990年度〜2009年度)(8)
2) 都道府県別導入状況(9)
3) 出力階層別導入基数の推移(1990年度〜2009年度)(10)
4) 国内における風力発電補助・支援策(11)
(1) 再生可能エネルギーの全量買取制度(11)
(2) その他(12)
4. 洋上風力発電の動向(13)
1) 洋上風力発電の概要(13)
2) 風力発電における洋上風力発電の位置付け(2010年)(14)
3) 洋上風力発電設備主要国別ウエイト(2010年)(14)
4) 海外の動向(16)
5) 国内の動向(17)
5. 国内風力発電市場の今後の方向性(19)
6. 国内風力発電関連企業の動向(21)

ページトップ