◆環境マーケティングレポート 2011年8月号

定置型燃料電池(エネファーム)の現状と将来展望

−はじめに−
  • 2009年より、定置型燃料電池が上市されて以降、毎年市場が拡大傾向にある。
  • 国の政策の後押しも有り、エコ・省エネをキーワードに、燃料電池市場は拡大傾向である。
  • 2011年は、東日本大震災の発生により、関東を中心に電力不足が懸念されるようになり、ガスで発電可能な燃料電池への関心が益々高まっている。
  • 約8,000台分の補助金が、4ヶ月足らずで底をつくほど、燃料電池市場は急成長を遂げている。
  • 本調査レポートでは、今後市場拡大が見込まれる、燃料電池市場の現状と将来展望をまとめた。
−目次−
1. 燃料電池概要(1)
1) 燃料電池の原理(1)
2) 燃料電池の特長(1)
3) 燃料電池の種類(2)
4) システム概要(3)
2. 燃料電池支援政策動向(4)
1) 民生用燃料電池導入支援補助金(4)
2) 地方自治体の支援動向(6)
3. 市場動向(10)
1) PEFC(10)
(1) 製品概要(10)
(2) 参入企業一覧(11)
(3) 市場規模推移及び予測(12)
(4) 価格動向(13)
(5) メーカー動向(13)
(6) 技術開発・ロードマップ(14)
(7) トピックス・開発動向(15)
(8) 今後の方向性(16)
2) SOFC(17)
(1) 製品概要(17)
(2) 参入企業一覧(18)
(3) 市場規模推移及び予測(18)
(4) メーカー動向(19)
(5) トピックス(19)
(6) 今後の方向性(20)

ページトップ