◆環境マーケティングレポート 2010年4月号

水処理エアレーションの市場動向

−はじめに−
  • エアレーション(曝気)は、汚水処理の基本的な操作である。空気と水を接触、混合、溶解させることで酸化作用が促進し、好気性微生物の分解作用が働く。エアレーションの方式は、散気式エアレーションと機械攪拌式エアレーションに大きく分類され、省エネ性に配慮した超微細気泡散気装置など幅広い製品種類がある。
  • エアレーション装置市場は65億円の規模と推定される。タイプ別内訳は、ディフューザー式、水中攪拌式が各々38.5%、機械攪拌式が23.1%の比率となる。
  • 産業競争力懇談会の資料によると、2025年の世界水ビジネス市場は、管理運営100兆円、EPC10兆円、素材1兆円の規模になると予想されている。
  • エアレーションの国内メーカーで海外に本格参入している企業は少ないが、特にアジアは各社が有望市場と注目しているだけにフィージビリティスタディを行っているメーカーは多い。
−目次−
1. エアレーションの概要(1)
1) 分類(1)
2) 散気式(2)
3) 機械攪拌式(3)
2. 参入企業(4)
1) 参入企業一覧(4)
2) 主要企業の参入状況、製品(5)
3. 事業形態(13)
4. 市場規模(14)
1) エアレーション市場(14)
2) 水処理全体市場、海外動向(17)
5. 今後の方向性(20)

ページトップ