◆環境マーケティングレポート 2010年2月号

電力貯蔵関連市場の現状と将来展望

−はじめに−
  • 地球温暖化の影響から、太陽光や風力発電市場が急成長を遂げている。また、エネルギーを効率的に利用することで、CO2の削減に寄与する動きもある。
  • 太陽光や風力発電も含めた、電力エネルギーを、より効率的に利用する技術として、電力貯蔵技術が近年注目を集めている。
  • 電力貯蔵技術は二次電池を中心に様々な種類が存在し、用途や容量によって使い分けられている。
  • また、電池技術は、エコ・省エネの観点から、近年注目を集めており、その開発のスピードは日進月歩である。
  • 本調査レポートでは、多岐に亘る電力貯蔵技術を整理し、現状の電力貯蔵用電池の市場を捉え、次世代電力貯蔵技術の動向についてもまとめている。
−目次−
1. 電力貯蔵概要(1)
1) 電力貯蔵技術とは(1)
2) 電力貯蔵技術の役割(2)
3) 電力貯蔵技術の分類(3)
4) 電力貯蔵技術の用途(4)
2. 電力貯蔵市場概要(5)
1) 電力貯蔵市場(2009年見込み)(5)
2) 電力貯蔵技術と用途の相関関係(6)
3) ロードマップ(7)
3. 製品別動向(8)
1) 二次電池(8)
(1) NAS電池(8)
(2) 鉛蓄電池(10)
(3) レドックスフロー電池(12)
(4) ニッケル水素電池(13)
(5) リチウムイオン電池(15)
2) 電気二重層キャパシタ(16)
3) フライホール(18)
4) 超伝導電力貯蔵(19)
5) その他電力貯蔵技術(20)

ページトップ