◆ケミカルレポート 2019年6月号

熱可塑性ウレタン系エラストマー市場の現状と将来展望

−はじめに−
  • 熱可塑性ウレタン系エラストマーは熱可塑性エラストマーの一種であり、耐摩耗性や耐候性に優れるほか、原料によってさまざまな物性を発現するという特徴を持つ。
  • その特性から、幅広い用途で使用されており、現在、各国の経済成長に伴うように、市場が拡大している。
  • 現在の市場の全体像についてまとめると共に、各用途別の市場動向および各メーカーごとの動向について整理した。
−調査項目−
1. 製品概要
2. 参入企業一覧
3. 市場動向
4. 価格動向
5. 研究開発動向
6. 今後の方向性
−目次−
I. 総合分析編(1)
1. 製品概要(1)
2. 主な参入企業(3)
3. 市場動向(4)
4. メーカーシェア(2018年実績)(5)
5. 価格動向(2018年実績)(6)
6. 用途別ウェイト(2018年実績)(6)
7. 採用素材動向(7)
8. 研究開発動向(7)
9. 今後の方向性(7)
II. 用途別市場編(8)
A. 工業製品向け(8)
B. スポーツ・衣類・雑貨向け(10)
C. 自動車向け(12)
D. 医療向け(14)
III. メーカー別ケーススタディ編(16)
A. Lubrizol(16)
B. Huntsman(18)
C. 日本ミラクトラン(20)
D. 三井化学(22)

ページトップ