◆ケミカルレポート 2018年12月号

車載カメラ用レンズ市場の現状と将来展望

−はじめに−
  • ADAS(先進運転支援システム)および自動運転は、自動車社会における安全性向上や、ドライバーの運転支援・負担軽減につながる技術として、導入が進められている。すでに自動運転レベル3とされる条件付き運転自動化は実用化されており、さらに今後、完全自動運転化となるレベル5まで段階的に実用化が進んでいく見通しである。
  • 車載カメラは、後方の映像確認による駐車支援、前方の車両・障害物などの検知、白線の検知などの役割を担っている。ADAS・自動運転の普及により、自動車への搭載が進むことが予測される。
  • 本調査レポートでは、車載カメラモジュールおよび車載カメラ用レンズの市場を把握するとともに、車載カメラ用レンズに使用される樹脂材料の市場動向および開発トレンドなどをまとめた。
−調査ポイント−
1. 製品概要
2. 業界構造
3. 市場規模推移および予測
4. 価格動向
5. 採用材料動向
6. 参入企業動向
7. 研究・開発動向
8. 今後の方向性
−目次−
I. 総合分析編(1)
1. 調査結果概要(1)
2. 自動車生産台数予測(4)
II. 車載カメラ市場(5)
1. 車載カメラの概要(5)
2. 業界構造(7)
3. 市場規模推移および予測(8)
4. 採用材料動向(11)
5. 研究・開発動向(12)
6. 今後の方向性(13)
III. 車載カメラ用レンズ材料市場(14)
1. 製品概要(14)
2. 車載レンズ用樹脂材料市場の動向(16)
3. 価格動向(17)
4. 参入企業動向(18)
5. レンズ材料開発動向(19)
6. 今後の方向性(20)

ページトップ