◆ケミカルレポート 2018年10月号

医療用3Dプリンターの現状と将来展望

−はじめに−
  • 3Dプリンターは自動車部品、電子部品、機械部品など製造業で多く使用されている。
  • 近年、食品分野や建築分野でも応用されるなど、活用方法は多様化している。
  • 本調査レポートでは、その中でも注目されている「医療分野」の3Dプリンター活用事例、将来展望についてまとめた。
−調査ポイント−
1. 参入企業
2. 市場動向
3. 課題点
4. 事例
−目次−
I. 総合分析編(1)
1. 医療用3Dプリンターの市場概要(1)
1) 医療用3Dプリンターの利用領域(1)
2) 医療用3Dプリンターのビジネス性(2017年)(2)
2. 利用用途・領域別動向(3)
1) 模型・義肢装具(3)
2) 治療への応用(8)
3) 再生医療(10)
II. 企業ケーススタディ(12)
A. JMC(12)
B. 日立造船(14)
C. ローランド ディー.ジー.(15)
D. 帝人ナカシマメディカル(16)
E. リコー(17)
F. サイフューズ(18)
G. 理化学研究所(19)
H. 宝塚病院大学(20)
I. 広島大学(21)
J. 香川大学(22)
K. マテリアライズジャパン(23)
L. NTT東日本関東病院(24)
M. 福岡みらい病院(25)
N. 岩手歯科大学(25)

ページトップ