◆ケミカルレポート 2018年5月号

注目ポリマーのメディカル・ライフサイエンス市場動向

−はじめに−
  • 樹脂業界において国内需要の差別化の一つにメディカルグレード(用途)があり、メディカル・ライフサイエンス分野向けに特化したグレードである。専用ラインで品質管理を徹底する、規格に準拠させ、少量であるが要求スペックが厳しい等、付加価値が高く差別化できる市場特性が強い。
  • 日本では高齢化の進展を受け、メディカル・ライフサイエンス分野は成長が期待できる。政府が定めた「科学技術イノベーション戦略」および「健康・医療戦略」の実現があり、健康寿命の伸長やヘルスケアイノベーション実現のための医療製品開発が注目され、安全性が高く異物混入の少ない性質を有する材料が強く求められる。
  • 当該調査レポートでは注目ポリマー3品目のメディカル・ライフサイエンス用途にフォーカスして、その市場特性や具体的用途、市場の実態を明確化することを目的とした。
−調査項目−
1. メディカル・ライフサイエンス用ポリマーの特徴
2. ディスポーザブル用ポリマーの抽出
3. メディカル・ライフサイエンス注目ポリマー
4. 注目ポリマーのメディカル・ライフサイエンス市場
1) PLA・PGA
2) PEEK
3) 透明PA
−目次−
I. 総合分析編(1)
1. メディカル・ライフサイエンス用ポリマーの特徴(1)
1) メディカル・ライフサイエンス用ポリマーの分類(1)
2) ディスポーザブル用ポリマーの採用用途動向(2)
2. 原材料メーカーの製造者責任(PL)リスク(3)
3. メディカル・ライフサイエンス用ポリマーの使われる部位(用途)(3)
4. 注目ポリマーのメディカル・ライフサイエンス市場(4)
II. 注目ポリマー市場編(5)
A. PLA・PGA(5)
B. PEEK(10)
C. 透明PA(17)

ページトップ