◆ケミカルレポート 2017年11月号

動物用飼料添加物市場の将来展望

−はじめに−
  • 近年の人口増加と食肉文化の拡大に伴い、飼料の需要は年々拡大している。それに合わせ飼料の性能や栄養価を高める飼料添加物の市場も拡大しているとみられている。
  • 飼料添加物の中でもアミノ酸は飼料の有効成分の補給の役割を担い、また畜産により発生する環境負荷を軽減させる効果もあり、注目されている市場である。
  • 本レポートでは飼料添加物に用いられるアミノ酸であるリジン、メチオニン、スレオニン、トリプトファンを調査対象とした。
−調査ポイント−
1. 製品概要
2. 参入企業一覧
3. 市場動向
4. 価格動向
5. 用途動向
6. メーカーシェア(2016年)
7. 研究開発動向
8. 今後の方向性
−目次−
I. 総合分析編(1)
1. 概要(対象品目の定義・分類)(1)
1) 動物用飼料(1)
2) 飼料添加物(1)
3) アミノ酸(2)
2. 飼料用アミノ酸主要参入企業一覧(3)
3. 飼料用アミノ酸市場規模推移および予測(2016年〜2021年予測)(5)
4. 品目別ウェイトとメーカーシェア(6)
1) 飼料用アミノ酸品目別ウェイト(2016年)(6)
2) 飼料用アミノ酸メーカーシェア(2016年)(7)
5. 品目別市場規模推移(2016年〜2021年予測)(8)
6. 今後の方向性(9)
1) 菌株育種・生産株の改良(9)
2) 新しい原料の開発と利用(9)
3) 環境問題(9)
II. 品目別市場編(10)
A. リジン(10)
B. メチオニン(15)
C. スレオニン(20)
D. トリプトファン(24)
III. 動物用飼料市場への化学メーカー参入状況(28)

ページトップ