◆ケミカルレポート 2017年9月号

自動車用電線・無線化技術の現状と将来展望

−はじめに−
  • 近年、走行支援技術や自動運転、ITSなどを背景に自動車で使用される情報量が増大している。それに伴い電波を送受信するデバイスや受信データを各ECUやアプリケーションに送るデバイスなどが変化してきている。
  • 先進国では2020年頃から5G対応のセルラーモジュールとDSRCを使用したテレマティクスサービスや協調型ITSなどの展開に向けて法規制等を各関係団体で協議している。このことから自動車における電線・無線デバイスの市場拡大が期待されている。
  • 本レポートでは、今後市場拡大が見込まれる無線デバイスである自動車用アンテナと、自動車電線であるワイヤハーネスなどの構成部材を取り上げ、市場動向をまとめた。
−調査項目−
  • 製品概要
  • 参入企業一覧
  • 市場動向
  • 価格動向
  • メーカーシェア
  • 採用素材動向
  • 研究開発動向
  • 今後の方向性
  • 採用素材動向
−目次−
I. 総合分析編(1)
1. 製品概要(1)
2. 市場規模推移および予測(2016〜2020年予測)(2)
3. 搭載動向(3)
1) 自動車1台当たりの搭載数量(2016年〜2020年予測)(3)
2) ワイヤハーネスの動向(3)
3) 自動車アンテナの動向(4)
4. 今後の自動車電線の方向性(5)
II. 品目別市場編(6)
A. ワイヤハーネス(6)
B. 自動車アンテナ(14)
−共通調査項目−
  • 製品概要
  • 参入企業一覧
  • 市場動向
  • 価格動向
  • メーカーシェア(2016年)
  • 採用素材動向
  • 研究開発動向
  • 今後の方向性

ページトップ