◆ケミカルレポート 2017年8月号

ノイズ抑制シート市場の現状と展望

−はじめに−
  • ノイズ抑制シートは、特定の周波数の電磁波を防ぐことで、筐体の内部干渉や筐体外への影響を防ぐシート製品である。電磁波制御材、電磁波吸収材とも呼ばれている。
  • 電子機器の高密度化や無線通信機器の増加によってノイズ対策製品の需要が高まっており、それに伴い当該製品市場も拡大している。
  • 本調査レポートではノイズ抑制シートの市場動向を捉えるとともに、材料別に品目を設定しそれぞれの価格や採用用途、研究開発動向をまとめた。
−調査項目−
1. 製品概要
2. 参入企業一覧
3. 市場動向
4. 価格動向
5. 用途動向
6. メーカーシェア(2016年)
7. 採用素材動向
8. 研究開発動向
9. 今後の方向性
−目次−
I. 総合分析編(1)
1. 製品概要(1)
1) 対象製品の定義(1)
2) 対象製品の分類(1)
2. 参入企業一覧(2)
3. 市場規模推移および予測(2016年〜2020年予測)(3)
4. 素材別用途比較(4)
5. 今後の方向性(5)
II. 品目別市場編(7)
A. 複合磁性シート(7)
B. 焼結フェライトシート(12)
III. 企業別ケーススタディ(17)
1. FDK株式会社(17)
2. 北川工業株式会社(18)
3. TDK株式会社(19)
4. 戸田工業株式会社(20)
5. 株式会社トーキン(21)
6. AMOTECH CO.,Ltd.(22)
7. 日立金属株式会社(23)

ページトップ