◆ケミカルレポート 2017年7月号

農業用高機能フィルムの将来展望

−はじめに−
  • 農業用ハウスは、近年に入って降雨や風雪から作物を守るだけではなく、作物にとっての好適環境を作り出す役割が重要視されるようになった。そのため、付加機能を有するフィルムに関心が高まっている。
  • 本調査レポートは、散乱光フィルムや紫外線カットフィルムなどの高機能フィルムを対象とし、高機能化の動向や将来展望を明らかにすることを目的とした。
  • また、農業用フィルムの市場背景として、農業を取り巻く環境についてもまとめた。農業就業人口の推移、施設園芸の現状を示すデータ、主要施設栽培作物の概要について取り上げた。
−調査ポイント−
1. 農業用フィルム市場全体像
2. 高機能フィルム市場動向
3. 品目別市場
4. 農業を取り巻く環境
−目次−
I. 農業用フィルム市場全体像(1)
II. 高機能フィルム市場動向(8)
III. 品目別市場(16)
A. 散乱光フィルム(16)
B. 紫外線カットフィルム(18)
C. 赤外線カットフィルム(21)
D. 近紫外線透過フィルム(22)
E. 着色フィルム(23)
F. 調光フィルム(24)
G. 発泡フィルム(25)
H. 波長変換フィルム(26)
IV. 農業を取り巻く環境(27)

ページトップ