◆ケミカルレポート 2017年1月号

高透明シート市場の現状と将来展望

−はじめに−
  • シートは樹脂の代表的な加工方法でありさまざまな樹脂がシートとして活用されている。採用用途も幅広く、容器・包装、エレクトロニクス、自動車、エネルギー・環境、農業、建材、ライフサイエンスなど多岐にわたる分野で利用されている。
  • 中でも、透明シートは食品包装を含む容器分野において大きな市場が形成されている。国内の容器・包装分野は、中長期的な人口減少により需要が停滞している。しかし、共働き・単身世帯の増加や高齢化に伴い、調理済みの食品を家庭で食べる“中食”という食文化が急速に浸透している。この背景も食品容器の進歩が貢献している。
  • 各製品に共通する動向としては賞味期限延長に基づくバリア性向上ニーズ、レンジアップ対応が可能な耐熱性・耐油性ニーズ、環境配慮イメージアップにつながるバイオプラスチックなど、最終製品の高付加価値に伴う製品開発、素材代替が進んでいる。
  • 主に食品容器などに使用される高透明シートメーカー各社の現在の動向と今後の事業施策を調査し、さらに周辺調査を行うことで高透明シート市場における現状と今後の動向の把握を目的とする。
−調査ポイント−
1. 製品概要
2. 参入企業一覧
3. 市場規模推移および予測(2014年〜2020年予測)
4. 価格動向
5. メーカー動向
6. 用途動向
7. 研究開発・技術開発動向
8. 今後の方向性
−目次−
I. 全体分析編(1)
1. 市場分析(1)
1) 高透明シートの分類(1)
2) 主要参入企業一覧(2)
3) 高透明シート市場規模推移(2014年〜2020年予測)(3)
4) 食品容器市場における採用動向(6)
5) 高透明シートの価格動向(7)
6) 今後の方向性(7)
2. 参考資料(8)
1) 中食市場の推移(8)
2) 世帯数の推移(9)
II. 品目別ケーススタディ(10)
A. A-PET・O-PETシート (10)
B. 透明PPシート(15)
C. OPSシート(19)

ページトップ