◆ケミカルレポート 2016年11月号

プリンタブル配線材料の将来展望

−はじめに−
  • 現行のエレクトロニクス製品でも印刷技術は採用されているものの、メンブレンスイッチやタッチセンサーにみられるような金属ペーストを用いた回路形成など、一部の採用にとどまっている。今後は材料やプロセスの進化によって各種電子デバイスの回路形成の印刷などに期待されている。
  • 本調査レポートでは、プリンタブル配線材料に用いられる「導電性Agペースト」「導電性ナノインク」「導電性高分子」「CNT」の市場動向を述べ、将来的な方向性の整理と分析を実施した。
−調査ポイント−
1. プリンタブル配線材料の採用可能性の高いアプリケーションの整理・把握
2. 既存配線技術との競合関係・代替可能性
−目次−
I. 対象品目における注目用途の動向(1)
1. 対象品目における用途動向と市場規模推移(1)
2. 配線用途における課題(2)
II. 対象品目別ケーススタディ(3)
A. 導電性Agペースト (3)
B. 導電性ナノインク(9)
C. 導電性高分子(13)
D. CNT(17)
−共通調査項目−
1. 製品概要
2. 参入企業一覧
3. 市場規模推移および予測(2015年〜2020年予測)
4. 価格動向
5. メーカー動向
6. 用途動向
7. 研究開発・技術開発動向
8. 今後の方向性

ページトップ