◆ケミカルレポート 2016年9月号

紙おむつ・材料市場の現状と将来展望

−はじめに−
  • 紙おむつ市場は急速な経済成長による生活水準の高まりによって、中国などのアジア地域を中心に拡大している。
  • 近年では質の高い日本製紙おむつの需要が拡大傾向である。中国人の紙おむつの爆買いなどのインバウンド需要拡大により当該品の国内需要が押し上げられている。中国での紙おむつ需要の高まりにより、国内からの輸入量も拡大傾向に市場を形成している。
  • 紙おむつには紙おむつの「不織布」「高吸水性樹脂(SAP)」などで形成されている。紙おむつ市場の拡大に伴い、紙おむつや素材である不織布やSAPの生産能力も各参入メーカーは増強を行っている。
  • 本調査レポートでは、紙おむつそのものの市場動向および紙おむつ材料市場の動向を述べ、将来的な方向性の整理と分析を実施した。
−調査項目−
1. 製品概要
2. 主要参入企業一覧
3. 主要参入企業生産能力一覧
4. 市場規模推移および予測(2014年〜2020年予測)
5. 価格動向
6. メーカーシェア(2016年見込)
7. 今後の方向性
−目次−
I. 紙おむつ市場動向(1)
1. 対象製品の分類(1)
2. 紙おむつの構造、材料の種類(2)
3. 参入企業一覧(3)
1) 主要国内企業一覧(3)
2) 主要海外企業一覧(3)
3) 主要国内企業の生産拠点(4)
4. 国内市場動向(5)
1) 国内市場規模推移および予測(2014年〜2020年予測)(5)
2) 国内の紙おむつ生産動向(7)
5. 世界市場動向(8)
1) 地域別市場規模予測(2014年〜2020年予測)(8)
2) 主要地域の市場拡大ポイント(9)
6. 価格動向(10)
7. 新製品開発動向(10)
8. 今後の方向性(11)
II. 紙おむつ材料市場動向(12)
A. 不織布(12)
B. 高吸水性樹脂(SAP)(18)
−共通調査項目−
1. 製品概要
2. 主要参入企業一覧
3. 主要参入企業生産能力一覧
4. 市場規模推移および予測(2014年〜2020年予測)
5. 価格動向
6. メーカーシェア(2016年見込)
7. 今後の方向性

ページトップ