◆ケミカルレポート 2016年8月号

PAN系炭素繊維複合材料市場の現状と将来展望

−はじめに−
  • 炭素繊維は1970年代から生産が行われてきた。炭素繊維の軽い・強い・腐らないという特徴から、金属の代替を中心に市場が拡大してきた。
  • 近年では、炭素繊維複合材料の開発から応用用途の広がりも増えている。特に市場規模では航空機や風力発電などで採用拡大が進んでいる。
  • 炭素繊維複合材料は成形時間が長くかかり、また加工の難しさもあり、コスト高となってしまう。そのため市場は緩やかに拡大が進んできた。最近になり、これらの成形技術の進展から特に自動車分野での用途拡大が期待されている。
  • 本調査レポートでは、PAN系炭素繊維そのものの市場動向および炭素繊維複合材料市場の動向を述べ、将来的な方向性の整理と分析を実施した。
−調査ポイント−
1. PAN系炭素繊維市場の動向
2. 炭素繊維複合材料市場の方向性
3. 炭素繊維複合材料の研究開発動向
4. 炭素繊維複合材料関連メーカー事例
−目次−
I. PAN系炭素繊維市場の市場動向(1)
II. 炭素繊維複合材料市場の方向性(6)
III. 炭素繊維複合材料の研究開発動向(16)
IV. 炭素繊維複合材料関連メーカー事例(20)
A) 東レ(21)
B) 帝人/東邦テナックス(22)
C) 三菱レイヨン(23)

ページトップ