◆ケミカルレポート 2016年6月号

トナー市場の現状と将来展望

−はじめに−
  • トナーは、平均粒径0.1〜10μmの着色粒子であり、レーザープリンターなどの機器を用いた電子写真の現像に用いられている。大きく分けて乾式現像用と湿式現像用が存在するが、本調査レポートでは乾式現像用を対象とし、市場を捉えた。
  • 乾式現像用トナーは、磁性材の有無や製造方法の違いなどでさらに細かく分類できる。
  • 乾式現像用トナー全般に共通する動向として、低環境負荷の観点から低温で紙面に定着する製品が市場のトレンドとなっており、各社が活発に新技術の開発、新製品の上市を行っている。
  • 本調査レポートでは、乾式現像用トナーについて、市場の動向や方向性、参入企業の事業例などをまとめた。
−調査項目−
1. 製品概要
2. 市場総括
3. 流通構造
4. 製品種類別概況
5. 市場規模推移および予測(2015年〜2020年)
6. 価格動向/色別ウェイト
7. メーカーシェア
8. 参入企業一覧
9. 研究開発動向
1) 開発のポイント
2) 研究開発事例
10. 今後の方向性・戦略例
−目次−
I. 総合分析編(1)
1. 製品概要(1)
2. 製品種類別概況(2)
3. 流通構造(5)
4. 市場総括(6)
5. 市場規模推移および予測(2015年〜2020年予測)(7)
6. 価格動向/色別ウェイト(9)
7. メーカーシェア (2015年)(10)
8. 主要企業一覧(12)
9. 研究開発技術動向(13)
10. 今後の方向性・戦略例(15)
II. 企業別情報編(17)

ページトップ