◆ケミカルレポート 2016年5月号

生体適合金属の応用事例および将来性

−はじめに−
  • 近年、メディカルをキーワードに新規事業に取り組む素材関連企業が増加している。
  • メディカル領域は欧米が先進国で、最終製品として日本へ輸入され利用される品目もあり、内需も着実に伸びてきている。
  • 生体適合金属は従来より世界的に利用されているが、医療の進歩により、その応用範囲が拡大している。
  • 本調査レポートでは日系の生体適合金属(チタン、Ni-Ti合金)やその応用トライアル事例を取り上げ、日系企業の参入障壁を明確化した。
−調査ポイント−
1.生体材料の必要条件
2. チタン展伸材、Ni-Ti合金の医療市場
3.日系材料メーカー動向
4. 日系金属加工トライアル事例
5. 応用製品市場動向
−目次−
1. 日本の高齢化の進展と医療費推移(1)
2. 生体材料の必要条件(3)
3. チタン展伸材、Ni-Ti合金の医療市場(6)
4. 材料メーカー(7)
1) 古河テクノマテリアル(7)
2) 大同特殊鋼(8)
5. 生体適合金属加工トライアル事例(9)
1) トーヨーエイテック(9)
2) タマチ工業(11)
3) 高島産業(14)
6. 応用製品市場動向(17)
1) 人工心臓(17)
2) 人工関節(21)
3) 人工骨(24)

ページトップ