◆ケミカルレポート 2016年2月号

ガス・水蒸気コントロールフィルムの将来展望

−はじめに−
  • ガス・水蒸気コントロールフィルムとは、製品の包装材料や衛生材料などに使用され、製品の劣化防止や性能の向上を促すフィルムである。
  • 本調査レポートでは、透明蒸着フィルム、吸湿性フィルム、鮮度保持フィルム、通気性フィルムを対象とした。
  • 当該市場は、内容物の品質持続性や紙おむつなどの需要の拡大に伴い、国内需要が拡大している。さらに、海外でも認知度が高まり、世界需要も拡大すると予測する。
  • 賞味期限延長、少子高齢化などによる社会問題の影響もあるが、当該市場は全体として微増傾向が予測される。
−調査ポイント−
1. 製品概要
2. 参入企業
3. 市場規模推移および予測(2013年〜2018年予測)
4. 価格動向
5. メーカーシェア
6. 採用素材動向
7. 用途別動向
8. 国別動向
9. 今後の方向性
−目次−
I. 総合分析編(1)
1. 調査対象品目・定義(1)
2. 市場推移および予測(2013年〜2018年予測)(2)
3. 海外市場動向(3)
4. 価格動向(3)
5. 用途動向(4)
II. 品目別ケーススタディ編(5)
1. 透明蒸着フィルム(5)
2. 吸湿フィルム(9)
3. 鮮度保持フィルム(13)
4. 通気性フィルム(17)

ページトップ