◆ケミカルレポート 2015年12月号

生体補助・医療分野応用が期待される生体センサー市場の将来展望

−はじめに−
  • 生体センサーは、人の生体情報や周囲の環境の情報をリアルタイムで検出するセンサーの総称である。
  • 本調査レポートでは、代表的な生体センサーである指紋センサー、脈波センサー、脳波センサー、ガスセンサー、味覚センサーの5品目を対象とし、市場の動向を捉えた。
  • 生体センサーの市場はスマートフォンや家電などの用途市場の拡大に連動し、拡大傾向で推移すると予測した。
  • 今後生体センサーは高機能化と低コスト化が進み、クラウド・ビッグデータ連携、生体補助、医療などの分野で、解析データを利用したサービスの展開が進むとみられる。
−調査ポイント−
1. 製品概要
2. 参入企業
3. 市場動向(2014年〜2019年予測)
4. 用途動向
5. 製品構造・素材
6. 今後の方向性
−目次−
I. 総合分析編(1)
1. 生体センサーの概要(1)
2. 市場規模推移および予測(2014年〜2019年予測)(2)
3. 用途動向(3)
4. 今後の方向性(4)
5. 主要参入企業一覧(5)
II. 品目別ケーススタディ(6)
1. 指紋センサー(6)
2. 脈波センサー(9)
3. 脳波センサー(12)
4. ガスセンサー(15)
5. 味覚センサー(20)

ページトップ