◆ケミカルレポート 2015年11月号

医薬品包装市場の現状と将来展望

−はじめに−
  • 人口の高齢化により、医薬品市場が拡大している。医薬品の開発技術発展に伴って、医薬品包装にも高い性能が求められる。
  • 医療用包装には、医薬品の剤形や種類に応じてさまざまな包装形態、採用素材を使用している。本調査レポートではPTP包装、SP、分包を取り上げ、医薬品包装の市場全体を捉えた。
  • 各製品に共通する動向としては、医薬品の安定性、劣化防止、安全性を持続させるために防湿性、遮光性を備えた包装材の製造を行っている。
  • 本レポートでは、国民総人口の変化などの社会情勢、医薬品市場の変化と併せて、医薬品包装市場の動向について検証する。
−調査ポイント−
1. 製品概要
2. 参入企業
3. 市場動向(2013年〜2019年予測)
4. 採用素材動向
5. 技術開発動向
−目次−
1. 全体分析編(1)
1) 医薬品包装の分類(1)
2) 医薬品包装市場のトレンド(2)
3) 医薬品市場の推移(3)
4) 日本人口の推移(4)
5) 医薬品包装の価格動向(5)
6) 主要参入企業一覧(6)
7) 技術動向(7)
8) 採用素材動向(8)
9) 今後の方向性・対策(9)
2. 品目別ケーススタディ編(10)
1) PTP包装(10)
2) 分包・SP包装(16)

ページトップ