◆ケミカルレポート 2015年8月号

難燃材料・応用製品市場の現状と将来展望

−はじめに−
  • 難燃材料とは、建材や家電、電気・電子部品として使用するために必要な難燃性規格を満たしたプラスチック材料である。
  • 難燃材料として、難燃剤を添加して難燃性規格を満たした難燃化汎用樹脂と、樹脂そのものが難燃性規格を満たす難燃樹脂がある。
  • 本調査レポートでは、臭素系難燃剤、リン系難燃剤、無機系難燃剤、の3種の難燃剤と、フッ素など6種の難燃樹脂、難燃PCなど5種の難燃化汎用樹脂シートを対象とし、市場を捉えた。
  • 家電や建材などの用途市場の成長に連動して、難燃材料市場も堅調に拡大していく傾向にあるとみられる。
−調査項目−
1. 製品概要
2. 参入企業
3. 市場動向(2013年〜2020年予測)
4. メーカーシェア
5. 用途動向
6. 今後の方向性
−目次−
I. 総合分析編(1)
1. 難燃材料の分類(1)
1) 難燃材料の分類・位置付け(1)
2) 難燃剤の種類(2)
2. 各国の規制(3)
1) 製品別難燃規格(3)
2) 難燃剤の規制(3)
3. 市場総括(4)
1) 市場規模推移および予測(2013年〜2018年予測)(4)
2) 価格一覧(5)
3) 難燃材料の位置付け・方向性(6)
4. 参入企業一覧(7)
1) 日系企業(7)
2) 海外企業(8)
II. 品目別ケーススタディ(9)
A. 難燃剤(9)
1) 臭素系難燃剤(9)
2) リン系難燃剤(12)
3) 無機系難燃剤(15)
B. 応用製品(18)
1) 難燃樹脂(18)
2) 難燃シート(24)

ページトップ