◆ケミカルレポート 2015年7月号

ノイズ抑制シート・電磁波シールド製品市場の現状と展望

−はじめに−
  • 電磁波の放出を抑え、電子機器の誤動作の発生などを防ぐ、ノイズ対策・EMC製品は種類が豊富にある。そのうち電磁波吸収・低減用途としてノイズ抑制シートが、シールド用途の製品として電磁波シールドフィルムが存在する。
  • 電磁波シールドフィルムとは、電波を遮蔽する目的で、金属箔などにフィルムを貼った製品である。
  • ノイズ抑制シートは、ノイズの放出防止、電磁波を与えても正しく動作させる目的、人への電磁波影響を少なくする目的などで使用する。
  • 本調査レポートでは、以下の製品を調査した。
     1. 電磁波シールドフィルム
     2. ノイズ抑制シート(ノイズ抑制用、RFID・NFC用、ワイヤレス充電用)
    電磁波遮蔽製品である金属箔テープ、メッシュフィルムにも触れる。
−調査ポイント−
1. 製品概要
2. 主要参入メーカー
3. 市場規模推移および予測(2014年〜2020年予測)
4. メーカーシェア
5. 用途動向・素材構成
6. 研究開発・技術動向
7. 今後の方向性
−目次−
I. 総合分析編(1)
1. 総合分析(1)
1) 製品概要(1)
2) 製品分類(3)
3) 用途分析(4)
4) 製品一覧(5)
5) 市場規模推移および予測(2014年〜2020年予測)(7)
II. 電磁波シールドフィルム(10)
III. ノイズ抑制シート(14)

ページトップ