◆ケミカルレポート 2015年6月号

医療用テープ市場の現状と将来展望

−はじめに−
  • 医療現場では、創部や医療器具の固定、創部の被覆保護、傷の治療といったさまざまな用途で粘着テープ製品が使用されている。
  • 医療用テープにはその用途に応じてさまざまな基材、粘着剤が使用されている。本調査レポートでは医療用テープとして、サージカルテープ、フィルムドレッシング、創傷被覆材、穿刺部保護材、皮膚接合テープを対象とし、市場を捉えた。
  • 各製品に共通する動向として、皮膚へ与えるダメージの小さな低刺激性製品が現在市場の主流となっており、各社が活発に技術の開発、新製品の上市を行っている。
  • 本調査レポートでは上記の5品目を対象とし、市場動向、用途および採用素材についてまとめた。
−調査項目−
1. 製品概要
2. 参入企業
3. 市場動向(2014年〜2020年予測)
4. メーカーシェア
5. 用途動向
6. 素材・製品開発動向
7. 今後の方向性
−目次−
I. 総合分析編(1)
1. 医療用テープの分類(1)
1) 用途別の分類(1)
2) 法制上の分類(2)
2. 製品概要(3)
1) 種類別構造図(3)
2) 採用材料の動向(7)
3. 参入企業一覧(8)
4. 市場規模推移および予測(2014年〜2020年予測)(9)
II. 品目別ケーススタディ(11)
1. サージカルテープ(11)
2. フィルムドレッシング(15)
3. 創傷被覆材(20)
4. 穿刺部保護材(24)
5. 皮膚接合テープ(28)

ページトップ