◆ケミカルレポート 2015年4月号

偽造防止技術の市場展開と開発動向

−はじめに−
  • 偽造防止技術は偽造品の製造防止や摘発のために、紙幣やパスポートをはじめ、商品券や公文書、製品のラベルやパッケージなどに用いられる。
  • インキによる技術から用紙による技術、印刷・加工技術などさまざまな側面からセキュリティ性を付与することができる。そこで、本調査レポートでは偽造防止印刷、偽造防止インキ、偽造防止用紙、ホログラムを対象とした。
  • 紙幣に関しては、国立印刷局が用紙やインキの製造、印刷を行っており、他の偽造防止関連市場とは異なった市場構造になっているため、補足として捉えた程度である。
  • 偽造技術に対抗するために、偽造防止技術は常に新たな開発が進められており、新製品の開発が盛んである。
  • 以上から、本調査レポートでは、上記の4品目を中心に偽造防止関連市場の市場動向と開発動向をまとめた。
−調査ポイント−
1. 製品概要
2. 参入企業
3. 市場動向
4. 用途動向
5. 開発動向
−目次−
I. 総合分析編(1)
1. 偽造防止技術の概要(1)
2. 偽造防止関連の市場動向(4)
3. 偽造防止関連の開発動向(5)
II. 個別市場編(7)
1. 偽造防止印刷市場(7)
2. 偽造防止インキ市場(10)
3. 偽造防止用紙市場(13)
4. ホログラム市場(15)
III. 個別企業編(18)
1. 大日本印刷株式会社(18)
2. 凸版印刷株式会社(19)
3. 東洋インキ株式会社(20)

ページトップ