◆ケミカルレポート 2015年3月号

包装フィルム市場で拡大が期待されるバリアフィルムの現状と将来展望

−はじめに−
  • バリアフィルムは、水蒸気透過、酸素透過を遮断する機能フィルムとして、食品包装を中心に採用が進んでいる。
  • 一般的には、水蒸気透過性の低いオレフィン系やPETなどによる包装材が広く普及しているが、賞味期限の延長、内容物の風味・食感の保持などを目的として、バリア性を向上させた包装用フィルムが開発・展開されている。
  • バリアフィルムの製造方法としては、バリア機能が高い樹脂を成膜する方法や、バリア材のコーティング・積層といった加工が挙げられる。
  • 本調査レポートでは、バリア領域が近い4つのバリアフィルムを対象とし、その市場動向と競合・すみ分けポイントを明らかにした。
−調査ポイント−
1. 製品概要
2. 参入企業
3. 市場動向
4. メーカーシェア
5. 用途動向
6. 価格動向
7. 競合・すみ分け
−目次−
I. 総合分析編(1)
1. 調査対象(1)
2. 市場規模推移(2)
3. 競合状況(3)
4. ロードマップ(4)
II. 透明蒸着フィルム(5)
III. PVDCコートフィルム(9)
IV. EVOHフィルム(14)
V. PANフィルム(18)

ページトップ