◆ケミカルレポート 2015年1月号

建材・インフラ関連などで拡大するエポキシ・不飽和ポリエステル樹脂市場

−はじめに−
  • エポキシ樹脂、不飽和ポリエステル樹脂の国内市場は縮小してきたが、今後は拡大すると予測される。
  • 公共事業増がエポキシ樹脂国内市場規模拡大の要因となることが予測される。
  • 2020年の東京オリンピックが不飽和ポリエステル樹脂市場拡大をけん引すると予測される。
  • 植物から作られたバイオマス原料を使用したバイオマス由来不飽和ポリエステル樹脂が販売を伸ばすことが予測される。
  • 本調査レポートではエポキシ樹脂、不飽和ポリエステル樹脂の国内市場規模、今後の予測、注目分野についてまとめた。
−調査ポイント−
1. エポキシ樹脂、不飽和ポリエステル樹脂の市場動向を調査、予測
2. 今後、活性化すると予測される注目分野について調査
−目次−
I. エポキシ樹脂、不飽和ポリエステル樹脂国内市場編(1)
1. 総括(1)
2. プラスチックとは(3)
3. エポキシ樹脂と不飽和ポリエステル樹脂(4)
II. ケーススタディ編(5)
1. エポキシ樹脂(5)
2. 不飽和ポリエステル樹脂(9)
III. 注目用途編(13)
1. エポキシ樹脂 土木・建築分野における注目用途(13)
2. エポキシ樹脂 自動車分野における注目用途(16)
3. 不飽和ポリエステル樹脂 建設分野注目用途(17)
4. 不飽和ポリエステル樹脂 環境意識の高まりにおける注目用途(18)
5. 不飽和ポリエステル樹脂 自動車分野における注目用途(20)

ページトップ