◆ケミカルレポート 2014年12月号

筆記具市場・関連マテリアルの将来展望

−はじめに−
  • 国内筆記具メーカーの筆記具は、品質が高く世界中で使用されている。特に欧米やアジア地域では店頭に日本製品が並んでいることが多く見られる。
  • 日本のボールペン・シャープペンは常に新しい機能を付与した製品を出し続けており、世界規模でその製品動向ならびに市場において注目されている。
  • ボールペン・シャープペンに使われている素材では、PCやPPなどの汎用性の高い樹脂が多く使用されており、ペングリップではエラストマーが採用されている。
  • 当レポートでは、国内のボールペン・シャープペン市場とその関連マテリアルの現状と将来展望についてまとめた。
−調査項目−
1. 主要筆記具(ボールペン・シャープペン)市場の動向
2. 採用樹脂の動向
3. 筆記具メーカーの動向
−目次−
1. 主要筆記具(ボールペン・シャープペン)市場の動向(1)
1) 製品分類(1)
2) 市場規模推移および予測(2012年〜2017年予測)(2)
3) 生産数量動向(2009年〜2014年見込み)(3)
4) 価格帯別トレンド(4)
5) 企業・商品別対象ターゲット(6)
6) 企業別販売シュア(2013年)(7)
7) 採用素材の動向(2013年)(8)
8) 素材競合関係(9)
2. 採用樹脂の動向(10)
1) PC樹脂(10)
2) PP樹脂(12)
3) ABS/AS樹脂(14)
4) エラストマー(16)
3. 筆記具メーカーの動向(18)
1) 株式会社三菱鉛筆(18)
2) 株式会社パイロットコーポレーション(20)

ページトップ