◆ケミカルレポート 2014年11月号

航空機向けスペシャリティケミカルの現状と将来展望

−はじめに−
  • 航空機は安全を第一としながら、燃費向上のため軽量化が求められ、高性能な先端材料が採用されている。
  • 近年では軽量かつ強度に優れたプラスチックを基材とした先進複合材料「CFRP」の採用が増加しており、構造材料の50%を占める機種も投入されるなど、従来の金属材料に代替として存在感が高まっている。
  • CFRPの採用拡大に伴い、主要素材である炭素繊維をはじめ、添加剤や成形工法で利用される特殊フィルムなどの関連材料も需要が拡大している。
  • レポートでは、航空機の構造材料に採用されているCFRPに関連するスペシャリティケミカル3製品を対象とし、それぞれの市場動向について取り纏めた。
−調査項目−
1.製品概要
2.主要参入企業
3.市場規模推移および予測(2010年〜2017年予測)
4.価格動向
5.メーカーシェア(2014年見込)
6.競合・棲み分け状況
−目次−
1.航空機向けスペシャリティケミカルの概要(1)
1) 航空機向けスペシャリティケミカルについて(1)
2) 航空業界の概況(2)
3) 航空機市場の概況(3)
(1) 世界の民間航空機市場(3)
(2) 航空旅客機の運航機数および需要(4)
(3) 大手航空旅客機メーカーと日本企業の位置付け(6)
2.航空機向けスペシャリティケミカル市場動向(8)
1) 市場概要(8)
(1) 調査対象製品(8)
(2) 業界構造(9)
2) 製品別市場規模推移および予測(2010年〜2017年予測)(10)
3) 市場展望(11)
3.品目別ケーススタディ(12)
1) 炭素繊維(12)
2) 靱性付与剤(16)
3) 離型フィルム(18)

ページトップ