◆ケミカルレポート 2014年9月号

建築用ガラス/関連マテリアル市場の現状および高機能化動向

−はじめに−
  • 住宅、商業施設、公的施設、その他あらゆる建築物にガラスが採用されている。建築用ガラスにはさまざまな種類があり、基本性能として安全性や防犯性、透過性などが求められる。
  • さらに、用途に応じて遮熱、断熱、防汚・セルフクリーニング、遮音などのニーズがあり、高機能化が進んでいる。
  • 近年は、東日本大震災を契機とし、省エネルギーニーズの高まりから、遮熱や断熱の機能を有するガラスの採用が拡大している。
  • 当レポートでは、主要な建築用ガラス製品として複層ガラスおよび合わせガラス、高機能化に寄与する関連マテリアルとしてウィンドウフィルム、建築用中間膜、光触媒コーティング材を対象とし、それぞれの市場動向および高機能化の動向についてまとめた。
−調査項目−
1. 製品概要
2. 主要参入企業一覧
3. 市場規模推移および予測(2013年〜2020年予測)
4. メーカーシェア(2013年)
5. 価格動向
6. 高機能化動向
−目次−
I. 総合分析編(1)
1. 板ガラス製品の分類(1)
2. 建築用ガラス/関連マテリアル市場動向(2)
1) 市場規模推移および予測(2013年〜2020年予測)(2)
2) 主要参入企業一覧(3)
3. 建築用ガラスにおける高機能化動向(4)
1) 高機能化概要(4)
2) 高機能化対応一覧(4)
3) 遮熱機能比較(5)
II. 品目別ケーススタディ(6)
1. 複層ガラス(6)
2. 合わせガラス(10)
3. ウィンドウフィルム(13)
4. 建築用中間膜(18)
5. 光触媒コーティング材(22)

ページトップ