◆ケミカルレポート 2014年8月号

発泡プラスチック断熱材市場動向

−はじめに−
  • 2020年に省エネ法が義務化され、建築物におけるエネルギー効率の向上が必要となる。そのため、建築物の断熱材に対する需要が高まるとみられる。
  • 建築用断熱材は、繊維系と発泡プラスチック系に大別される。木造戸建て住宅においては、特にグラスウールやロックウールといった繊維系断熱材の使用率が大半を占めている。
  • しかし、政府主導の省エネルギー効率向上の流れの中で、断熱性能が繊維系より高い発泡プラスチック系の採用が増加する見込みである。
  • 消費税駆け込み需要や、建築物着工件数、関連法規の改正、JIS規格の統合など、2014年以降当該品市場に与える要素は多い。
−調査ポイント−
1. 断熱材概要
2. 発泡プラスチック断熱材市場概要
3. 品目別ケーススタディ
−目次−
1.断熱材概要(1)
1) 断熱材概要(1)
2) 断熱材の位置付け(3)
2. 発泡プラスチック断熱材市場概要(4)
1) 発泡プラスチック断熱材(4)
2) 関連法規・国の支援策等(6)
3) 建築市場概要(9)
3. 品目別ケーススタディ(10)
1) 硬質ウレタンフォーム(PUF)(10)
2) 押出法ポリスチレンフォーム(XPS)(17)
3) ビーズ法発泡ポリスチレンフォーム(EPS)(23)
4) フェノールフォーム(PF)(28)

ページトップ