◆ケミカルレポート 2014年7月号

生分解性、バイオプラスチックフィルム・シート市場動向

−はじめに−
  • 自然界の微生物によって分解される生分解性プラスチックや、植物由来樹脂が配合されているバイオプラスチックが、環境負荷を低減するケミカル材料として注目されている。
  • 特に、企業による環境保全意識、環境配慮イメージ獲得意欲が高まり、環境負荷の少ない包装資材の採用が増加している。
  • 環境保全以外にも、各分野のニーズとマッチした用途開発がなされている。たとえば、生分解性プラスチックは、農業における省力化のニーズに応え市場を拡大している。
  • 今後「環境」「省力化」をキーワードに成長が見込まれる生分解性プラスチック、バイオプラスチックを原料とするフィルム・シート市場について、日本国内における動向を明らかにした。
−調査目的−
  • 当該レポート(定刊誌「ケミカルレポート」7月25日号)では、生分解性プラスチック、バイオプラスチックを原料としたフィルム・シートを対象とした。主な使用樹脂を生分解性プラスチック、PLA、バイオプラスチックに分類し、市場動向や用途動向を明確化することを目的とした。
−調査ポイント−
1. 生分解性プラスチック・バイオプラスチック概要
2. 生分解性プラスチックフィルム・シート
3. PLAフィルム・シート
4. バイオプラスチックフィルム・シート
−目次−
1. 生分解性プラスチック・バイオプラスチック概要(1)
1) 生分解性プラスチックとは(1)
2) バイオプラスチックとは(2)
3) 生分解性、バイオプラスチックフィルム・シート市場(3)
2. 生分解性プラスチックフィルム・シート(5)
1) 生分解性プラスチックフィルム・シート市場概要(5)
2) 農林業用フィルム・シート市場 (7)
3) 包装用フィルム・シート市場(13)
3. PLAフィルム・シート(16)
1) PLAフィルム・シート概要(16)
2) PLAフィルム・シート市場(17)
4. バイオプラスチックフィルム・シート(20)
1) バイオプラスチック市場概要(20)
2) メーカー動向(21)

ページトップ