◆ケミカルレポート 2014年2月号

シェールガス革命と化学産業

−はじめに−
  • 米国に端を発するシェールガス革命は、エネルギー市場だけではなく、化学産業にも大きな影響を与えている。
  • 米国では、エタンクラッカー建設計画がさまざまな企業によって次々と発表されており、ライトフィード化へと進んでいる。
  • 一方、日本の石油化学工業(基礎化学品製造企業)は、安価な中東産エチレンの拡大するなか、突如勃発したシェールガス革命によって、価格競争力を失い、国内のナフサクラッカー縮小の選択を余儀なくされている。
  • 本調査レポートでは、シェールガス革命の概要と、化学産業への影響についての全体像・将来予測を考察した。
−調査項目−
1. シェールガス革命概要
2. シェールガスを原料にした化学品の生産
3. シェールガス革命と化学産業
4. シェールガス採掘用素材
−目次−
1. シェールガス革命概要(1)
1) シェールガスとは(1)
2) シェールガス革命とは(2)
3) シェールガスの埋蔵量(4)
4) シェールガスの採掘方法(6)
5) シェールオイル革命(7)
2. シェールガスを原料にした化学品の生産(9)
1) シェールガスの成分(9)
2) C1ケミカル(11)
3) C2ケミカル(12)
4) C3ケミカル(15)
5) C4ケミカル(16)
6) 化学品への影響まとめ(17)
3. シェールガス革命と化学産業(18)
1) 日本の石油化学工業のポジション(18)
2) 米国への進出(19)
4. シェールガス採掘用素材(20)
1) フラクチャリング流体の組成(20)
2) 主要関連素材動向(21)

ページトップ