◆ケミカルレポート 2013年12月号

充電インフラ用部材市場の現状と将来展望

−はじめに−
  • 先進諸国を中心に、自動車市場に占めるEV/PHVの販売台数は拡大を始め、この流れは今後さらに加速する方向にある。
  • EV/PHV市場の拡大は、必然的に充電インフラ市場の拡大につながり、日本、北米、欧州では、充電インフラの設置数を急速に伸ばしている。
  • その一方、充電インフラには数種の規格/タイプが存在し、今後各地域でのデファクトスタンダードを争うこととなる。
  • 急速充電インフラ市場では、日本がいち早くCHAdeMO方式を立ち上げ、日本国内のみならず欧米にも進出を始めておりその他の方式をリードしている。しかし、欧米が連携して規格化したCombined Charging System(COMBO)方式が2013年から実証実験を開始し、同地域での標準規格としてCHAdeMO方式と混在することとなる。
  • 他方、複数規格の充電コネクターを備えたデュアルチャージャーの開発や、米EV大手Tesla Motorsの独自規格、中国独自規格等も動き始めており、その将来動向が注目されている。
  • 当該レポートでは、各方式の急速充電器市場規模および、充電コネクターと充電ケーブルの使用マテリアルの動向を中心にまとめた。
−調査ポイント−
1. 充電インフラ市場動向
2. 採用材料の動向
−目次−
I. 充電インフラの分類(1)
1. 充電インフラのタイプ(1)
2. 充電器のタイプ(1)
3. 充電インフラの全体像(2)
II. 充電インフラの分析(3)
1. 充電システムの規格(3)
2. 充電コネクターの方式(3)
3. 急速充電インフラのロードマップ(5)
4. 急速充電器の主要部材動向(6)
5. ワイヤレス充電システムの動向(10)
III. 急速充電器市場(11)
1. 全体市場規模推移・予測(2012年〜2017年)(11)
2. CHAdeMO方式市場規模推移・予測(2012年〜2017年)(12)
3. COMBO方式市場規模推移・予測(2012年〜2017年)(14)
4. デュアルチャージャー(CHAdeMO+COMBO)市場規模推移・予測(2012年〜2017年)(15)
5. Supercharger市場規模推移・予測(2012年〜2017年)(17)
6. GB/T方式市場動向(18)
7. 主要参入メーカー一覧(19)
8. メーカーシェア(20)
IV. 参考データ(21)
1. 自動車販売台数推移・予測(21)
2. EV/PHV販売数推移・予測(21)
3. EV/PHV販売台数の地域別ウェイト(22)
4. EV/PHV販売台数の乗用車に占めるウェイト(22)

ページトップ