◆ケミカルレポート 2013年11月号

有望放熱部材市場の将来展望

−はじめに−
  • 放熱部材には、放熱シート・放熱両面テープ・グラファイトシート・放熱グリース・放熱接着剤等があるが、これらはその性質に応じて使い分けられている。
  • 電子部品・機器が小型化・高密度化するに伴い、製品に及ぼす熱対策の影響はますます重要性を増している。これを背景に放熱部材市場は注目度を上げている。
  • 当レポートでは、これらの市場・用途を分析することで、当該放熱部材の市場の方向性や競合状況を整理することを目的とした。
−調査ポイント−
1. 熱対策
2. 放熱部材別ケーススタディ
1) 放熱シート
2) 放熱グリース
3) 放熱接着剤
4) まとめ
−目次−
I. 分析編(1)
1. 熱対策(1)
2. 製品特徴比較(3)
3. 製品使用部位(4)
4. 当該市場全体分布像(5)
5. 参入企業(6)
6. 各社主要製品リスト(7)
II. 放熱部材別ケーススタディ(9)
1. 放熱シート(9)
2. 放熱グリース(15)
3. 放熱接着剤(20)
−ケーススタディ共通調査項目−
1) 製品概要
2) 課題点・ニーズ
3) 地域別市場規模推移及び予想(2011年〜2017年予想)
4) 今後の方向性
5) 主要参入企業一覧
6) 用途別ウェイト(2013年見込み)
7) 用途別ウェイト(2013年見込み)
8) タイプ別ウェイト(2013年見込み)
9) 価格動向(メーカー出荷ベース)
10) メーカー動向

ページトップ