◆ケミカルレポート 2013年10月号

タイヤ・関連材料市場の動向

−はじめに−
  • タイヤは自動車の走行性、快適性、安全性、環境性などに配慮し、対策が講じられている。近年は特に燃費に影響を及ぼす製品として、その重要性がクローズアップされており、タイヤの転がり抵抗等に関する開発は加速している。
  • 転がり抵抗低減のため、タイヤメーカーは材料、構造の見直しを行っている。地面に設置するトレッド部の材料例として、スチレンブタジエンゴム(SBR)、シリカ、シランカップリング、カーボンブラック等がある。
  • 本レポートでは、タイヤおよび関連材料の市場動向、転がり抵抗低減や天然素材への置換等によるタイヤメーカーの環境対応、研究開発の動向についてまとめた。
−調査ポイント−
1. タイヤ市場動向
2. 関連材料市場動向
S-SBR、シリカ、シランカップリング剤、カーボンブラック
3. タイヤメーカー研究開発動向
−目次−
1. タイヤ市場動向(1)
1) 新車用、市販用、輸出(1)
2) 乗用車用、小形トラック用、トラック・バス用、建設車両用等(4)
3) 市販用タイヤ夏冬用(7)
4) 低燃費タイヤ(8)
2. 関連材料市場動向(10)
1) 原材料構成(10)
2) 溶液重合法スチレンブタジエンゴム(S-SBR)(11)
3) シリカ(13)
4) シランカップリング剤(15)
5) カーボンブラック(16)
3. タイヤメーカーの環境対応製品研究開発動向(18)

ページトップ