◆ケミカルレポート 2013年8月号

超耐熱・透明エンプラ市場の注目用途と市場展望

−はじめに−
  • 150℃以上の温度領域のエンプラ樹脂は、スーパーエンプラと呼称されているが、これらの温度領域において、用途や使用環境がすみ分けられている。
  • 特にメディカル分野や電気電子、自動車などにおいて、今回対象とした透明PA、PSU、PPSU、PES、PEI、PEEK、PAIは競合状態となっている。
  • 当該レポートでは、これらの市場・用途を分析することで、当該樹脂の市場の方向性や競合状況を整理することを目的とした。
−調査ポイント−
1. 製品概要
2. 主要参入企業一覧
3. 価格動向
4. 市場規模推移および予測(2009年〜2016年予測)
5. メーカーシェア(2012年)
6. 用途別ウェイト(2012年)
−目次−
I. 超耐熱・透明エンプラ市場動向(1)
1. 超耐熱・透明エンプラ市場の分類(1)
2. 用途別市場動向(2012年)(2)
3. 各エンプラ樹脂の主要用途・採用理由・競合状況(3)
4. 超耐熱・透明エンプラ市場規模推移および予測(2009年〜2016年予測)(4)
II. 樹脂別ケーススタディ(6)
1. 透明PA(ポリアミド・ナイロン)(6)
2. PSU(ポリサルフォン)/PPSU(ポリフェニルサルフォン)(9)
3. PES(ポリエーテルサルフォン)(12)
4. PEI(ポリエーテルイミド)(14)
5. PEEK(ポリエーテルエーテルケトン)(16)
6. PAI(ポリアミドイミド)(19)
ケーススタディ共通調査項目
1) 製品概要
2) 主要参入企業一覧
3) 価格動向
4) 市場規模推移および予測(2009年〜2016年予測)
5) メーカーシェア(2012年)
6) 用途別ウェイト(2012年)

ページトップ