◆ケミカルレポート 2013年2月号

産業用ガス市場の現状と将来展望

−はじめに−
  • 商業生産されている酸素/窒素や化学プラントなどの副生物として発生する二酸化炭素/水素などを中心とした産業用ガスはエレクトロニクス業界を中心に様々な分野で活用される基礎原料であり、国内においても数千億円規模の市場を形成している。
  • 近年は国内エレクトロニクス産業の低迷によって市場の縮小傾向が続いている。一方で原料となるソース不足による新たな原料調達先の模索や、ユーザー側のガス調達形態の変更など、成熟市場において少なかった供給体制見直しの行われ始めている。
  • 本レポートでは、主要な産業用ガス6品目を対象とし、製品概要、市場動向、製造プロセス、用途動向などについて分析を行い、市場の今後の方向性について取り纏めた。
−調査対象市場−
1. 産業用ガス市場
2. 製品別ケーススタディ
1) 酸素
2) 窒素
3) アルゴン
4) 二酸化炭素
5) 水素
6) ヘリウム
−目次−
I. 総括編(1)
1. 主要産業用ガス市場動向(1)
2. 調査対象市場規模推移(2)
II. 製品別ケーススタディ編(3)
1. 酸素(3)
2. 窒素(6)
3. アルゴン(9)
4. 二酸化炭素(12)
5. 水素(15)
6. ヘリウム(18)
−製品別ケーススタディ 共通調査項目−
1. 製品概要
2. 主要参入企業一覧
3. 市場規模推移及び予測(2011〜2016年予測)
4. メーカーシェア
5. 用途動向
6. 今後の方向性

ページトップ