◆ケミカルレポート 2012年10月号

光学用透明プラスチックフィルム・シート市場の展望

−はじめに−
  • 光学フィルムは、主にLCD用に利用されており、主に偏光板、位相差フィルム、バックライト用フィルム、保護フィルム等に使用されている。
  • 光学フィルムは、LCDの他、有機EL、タッチパネル、スマートフォン等に利用されている。需要の中心であるTVと比較すると面積ベースでは量は少ないものの、需要が拡大している。
  • また、特に静電容量方式タッチパネルの需要が著しく拡大している。タッチパネルの保護を目的としたカバーにはガラスがメインで採用されているが、スマートフォンやゲーム機等では、ガラス代替として低コスト化が可能な樹脂カバーの需要増加が期待されている。
  • 本レポートでは、光学用途に用いられる透明プラスチックフィルム・シートの市場動向についてまとめた。
−調査項目−
1. 製品概要
2. 参入メーカー
3. 市場規模推移
4. 用途動向
5. メーカーシェア
6. 価格動向
7. 今後の方向性
−目次−
I. 光学フィルム市場規模推移および予測(2011年〜2016年予測)(1)
II. 参入メーカー一覧及びシェア(3)
III. 品目別ケーススタディ(4)
1. TACフィルム(4)
2. PVAフィルム(7)
3. COPフィルム(9)
4. PETフィルム(12)
5. 位相差フィルム(15)
6. 樹脂カバー/カバーガラス(19)

ページトップ