◆ケミカルレポート 2012年7月号

積層セラミックコンデンサと主要材料の市場展望

−はじめに−
  • 積層セラミックコンデンサは、直流電圧のカットや雑音・不要信号の除去を行うコンデンサの一種であり、TV、携帯電話等各種電子機器に不可欠な製品である。
  • 新興国等での電子機器の需要拡大に伴い、積層セラミックコンデンサの利用量も増加しており、今後一層の市場拡大が期待されている。
  • また、積層セラミックコンデンサの利用拡大により、使用される材料についても需要増加が期待されている。
  • 積層セラミックコンデンサに使用される材料はニッケル超微粉、チタン酸バリウム、剥離用PETフィルム(工程フィルム)などである。
  • 本レポートでは、積層セラミックコンデンサとその主要材料をテーマに取り上げ、積層セラミックコンデンサの概要、業界構造、市場規模、メーカーシェア等についてまとめた。また主要材料の概要、市場規模、メーカーシェア等を把握することで、今後の方向性について考察した。
−調査ポイント−
1. 積層セラミックコンデンサの市場動向
2. ニッケル超微粉の市場動向
3. チタン酸バリウムの市場動向
4. MLCC向け剥離用PETフィルムの市場動向
−目次−
1. 積層セラミックコンデンサ(1)
1) 概要(1)
2) 主要参入メーカー(1)
3) 業界構造(2)
4) 世界市場規模推移及び予測(2010年〜2015年予測)(3)
5) メーカーシェア(2011年)(4)
6) サイズ別比率(2011年)(5)
7) 価格動向(5)
8) 企業動向(6)
9) 今後の方向性(8)
2. 主要材料動向(9)
1) ニッケル超微粉(9)
(1) 製品概要(9)
(2) 主要参入メーカー(9)
(3) 世界市場規模推移及び予測(2010年〜2015年予測)(10)
(4) メーカーシェア(2011年)(11)
(5) 粒径別ウエイト(2011年)(12)
(6) 価格動向(12)
(7) 今後の方向性(13)
2) チタン酸バリウム(14)
(1) 製品概要(14)
(2) 主要参入メーカー(14)
(3) 世界市場規模推移及び予測(2010年〜2015年予測)(15)
(4) メーカーシェア(2011年)(16)
(5) 用途別ウエイト(2011年)(17)
(6) 粒径別ウエイト(2011年)(17)
(7) 価格動向(18)
(8) 今後の方向性(18)
3) MLCC向け剥離用PETフィルム(19)
(1) 製品概要(19)
(2) 主要参入メーカー(19)
(3) 世界市場規模推移及び予測(2010年〜2015年予測)(20)
(4) メーカーシェア(2011年)(21)
(5) 価格動向(21)
(6) 今後の方向性(22)

ページトップ