◆ケミカルレポート 2011年11月号

リチウムイオン電池と正極活物質の市場ロードマップ

−はじめに−
  • リチウムイオン電池は、携帯電話やノートPCへ採用されているが、今後、車両関連など大型化に対応していく流れがある。大型化での採用の検討は、従来の小型用とはその材料の概念も変貌していくことが予測される。
  • リチウムイオン電池は約20年前に開発され、携帯電話、ノートPCの電源として普及しているものの、CO2削減等エネルギー利用の重要性から、大型化することで電気自動車用電池として使用することの意義は大きい。
  • 但し、現行品では、コスト、性能、安全性等クリアすべき点は多い。
  • リチウムイオン電池は、正極活物質、負極活物質、セパレータ、バインダー、電解液等から構成され、それぞれの構成部材ごとにその材質は多岐に渡る。
  • 日本の化学産業界からも各種構成部材へ様々なアプローチがあり、注目されている。又、自動車という潜在性への期待値も大きい。
  • 本調査レポートでは、リチウムイオン電池部材の中でも、キーマテリアルの1つとして注目される正極活物質に焦点を当て、その市場状況をまとめた。
−調査項目−
1. リチウムイオン電池と正極活物質
2. 参入状況
3. 正極活物質市場規模
4. 正極活物質メーカー状況
5. 自動車用リチウムイオン電池市場
−目次−
1. リチウムイオン電池の原理と特徴(1)
2. リチウムイオン電池の構成部材と正極活物質(2)
3. リチウムイオン電池用電極材料の研究開発動向(3)
4. 正極活物質主要参入企業(4)
5. 正極活物質の競合・棲み分け状況(5)
6. 産業技術総合研究所プレス発表(2011年10月12日)(6)
7. 正極活物質市場規模推移(11)
1) メーカーシェア(2010年)(13)
8. 主要企業状況(14)
1) 日亜化学工業(14)
2) L&F(14)
3) 住友大阪セメント(15)
4) 住友化学(17)
5) 住友金属鉱山(17)
6) 三井造船(18)
7) 三菱化学(19)
9. 自動車用リチウムイオン電池市場(20)
1) リチウムイオン二次電池(20)
2) 正極材(22)

ページトップ