◆ケミカルレポート 2011年10月号

ナノテクノロジーが先導する先端医療市場

−はじめに−
  • 本格的な少子高齢化社会の到来を迎える我が国では、QOLの高度な医療診断・治療技術の確立が望まれている。
  • 超微細加工、ナノ材料・計測、分子イメージング等のナノテクノロジー・材料技術は、再生医療、DDS、バイオセンシング等、高度な医療診断・治療技術システムの構築には欠かすことのできない重要な要素技術となっている。
  • 本調査レポートでは、ナノテクノロジーの医療分野における動向、応用事例、及び主要な関連医療市場の現状・方向性についてまとめた。
−調査ポイント−
  • ナノ医療の概要と主要応用領域
  • ナノ医療の取り組み・プログラム
  • 主要医療分野におけるナノテクノロジー応用事例
  • 関連医療市場の動向(再生医療、DDS、チップ・デバイス、先端医療機器)
−目次−
I. ナノ医療の概要と主要応用事例(1)
1. 医療分野におけるナノテクノロジーの応用(1)
2. 日本におけるナノ医療の取り組み(2)
1) 総合学術会議「ナノテクノロジー・材料PT」(2)
2) 最先端研究開発支援(FIRST)プログラム(3)
3. 主要分野におけるナノテクノロジーの応用例(4)
1) 再生医療(4)
2) ナノバイオセンシング(5)
3) DDS(ドラッグデリバリーシステム)(6)
4) 先端ナノ医療機器(7)
II. 関連市場動向(8)
1. 再生医療(8)
2. チップ・デバイス(11)
3. DDS(ドラッグデリバリーシステム)(15)
4. 医療機器(医療用画像診断機器)(19)

ページトップ