◆ケミカルレポート 2011年3月号

難燃性プラスチック関連市場

−はじめに−
  • プラスチックは生活をするうえで欠くことのできない材料であるが、一般的に、燃えやすい性質を持つ。
  • 燃えやすいプラスチックは火災の危険性があるため、安全な生活を送る上で、燃えにくいプラスチック・難燃性プラスチックが必要となる。
  • 特に、電線、電気製品、自動車など熱の影響を受けやすいもの、火災の影響が大きい建材などでは、難燃性プラスチックは必須ともいえる存在である。
  • 難燃性プラスチックは(1) プラスチックに難燃剤を添加するもの、(2) 樹脂そのものが難燃性の高いもの、の2つに大別できるが、(1)が一般的である。
  • プラスチックの活躍の場が広がる中、難燃性プラスチックのニーズは高まる傾向にある。
  • 当レポートでは、難燃性プラスチック市場について、難燃剤動向を中心にとりまとめた。
−調査ポイント−
難燃性プラスチック概要
難燃剤概要
主要難燃剤市場
(1) 臭素系難燃剤
(2) リン系難燃剤
(3) 無機系・塩素系難燃剤
−目次−
1. 難燃性プラスチック概要(1)
2. 関連法規制(3)
3. 難燃剤市場(4)
1) 難燃剤の種類(4)
2) 主要参入メーカー一覧(7)
3) 主要難燃剤市場規模推移及び予測(8)
4) 添加対象樹脂動向(9)
5) 価格一覧(10)
6) 研究開発・技術動向(11)
4. 主要難燃剤市場動向(12)
1) 臭素系難燃剤(12)
2) リン系難燃剤(15)
3) 無機系・塩素系難燃剤(18)
−4の共通項目−
(1) 市場概要
(2) 用途動向・ウエイト(2010年)
(3) メーカー動向・シェア(2010年)
(4) エリア別ウエイト(2010年)
(5) 今後の方向性

ページトップ